魔法のキャンドルラブ

魔法のキャンドルというものがあるのを、皆さんご存知でしょうか。

私が初めて買ったキャンドルがラブというキャンドルでした。

正直。

心のどこかで求めながら、かなり抵抗のあったキャンドル。

なぜなら。

愛が手に入ったら、困るので。

何だ、その理由(;)

と思われて、当然かと思いますが(笑)、今現在の私は、愛が手に入ると困るのです。

その理由としては、愛に応えないといけないからでしょう。

自分自身を愛することを、ようやく始めたところなのに、他人まで愛せません

というのが、正直な理由で、

だって、

愛って、大きいじゃないですか

ポエムか、詩人か、どこの厨二病だよ()

と、つっこみをいれたくなるのは、さておいて。

まぁ、とにかく、愛はすごい存在、だと思いますし、だからこそみんなが称賛?するではありませんか。

とくに、スピリチュアルな世界でも、愛の部分は、何て言うのか、絶対的な存在、ですよね。

私自身も、自分を愛することは大切だと思いますし、自分自身にはかけていたと思うので、

だからこそ、求めていたものでもあるんですよね。

ただ。

愛はもらうより、与えましょう

と、言われますよね。

私、これに関しては抵抗があるんです。

今現在の、私、は、ですよ?

何か、

え、何で与えるわけさ?

という思いが心の隅から、一向に消えません。

頭では、わかるんですよ?

でも、

目に見えませんから、どうしろと?

というところが、月星座水瓶座が、色濃く影響しているのだと思います(笑)。

まぁ、それはさておき。

この愛の存在というのは大切であり、一方でうざいな、と思ってしまうところが、私にはあります。

そのため、これまでも心からというものは、数が少ないですし、

愛を全面的に押し出しているものは、抵抗がありました。

それでも、心のどこかでは、ほしいと思っているもの、それが愛だと思います。

周りから認められたい、というのも、愛につながりますよね。

今まで私自身、全く愛を拒否して生きてきたわけではないのですが、どうも抵抗もある愛。

そんな中、私は、魔法のキャンドルラブを購入しました。

あ、これ、長くなりそうなので、記事わけます(笑)。