1/350潜水艦『伊19』製作

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、アオシマの1/350潜水艦『伊19』を製作中です。

6月の製作予定としては、先日ご紹介しました1/350航空母艦『赤城』( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1216.html )の製作も進めておりますが、同時進行していた『伊19』の方が完成間際まで来ましたので、本日はその様子をご紹介します。

キットは1/350の日本海軍潜水艦キットのラインナップのメインを占めている、アオシマアイアンクラッドシリーズのもので、2009年発売の比較的新しい製品です。

アオシマ1/350潜水艦『伊19』。製作工程は撮影できていないのですが、キットパーツの方はスクリューと機銃以外のほぼ全ての組み込みを完了し、あとは手すりと張り線、旗などの取り付けを残すのみとなりました。

ウェザリングなどは施さないようにとのご依頼ですので、塗装はムラなく、シンプルに仕上げています。

零式1号小型水上偵察機はキットに付属の物で、この縮尺の水上機としては水準以上のシャープさです。

木甲板はモールドが深めに彫られ、排水孔や外板継ぎ目、発射管なども繊細に彫刻されています。

同スケールの伊400型潜水艦とのツーショット。同じ水上機搭載型潜水艦とはいえ、さすがに伊400型のサイズには及びませんが、伊19(伊15型潜水艦)もかなりの大きさがあることが分かります。