新しい

The Telegraph配信の記事によると、研究者らがこのたび鮮やかな

「新しい青」を生み出し、大手クレヨンメーカーのクレヨラがこれを新色としての発売を発表。

全く新しい青色は2009年、米オレゴン州立大学の研究室のオーブンで

化学物質を加熱していた際、偶然発見されました。

新たな青い色素が作られたのは、

1802年、フランス人化学者ルイ・ジャック・テナールのコバルトブルー発見以来。

クレヨラはこの色素を、クレヨンの新色として年内に発売すると発表しました。

新色を偶然発見したのは、オレゴン州立大学で材質科学を専門とするマス・サブラマニアン教授。

学生らと共に、電子工学に活用できそうな新たな材料の製造を模索していた時、

酸化イットリウムと酸化インジウム、少量の酸化マンガンを加熱し、

その混合物を炉から出してみると、鮮やかな青に変色。

教授は、イットリウムインジウムマンガン元素記号を組み合わせ、

その青を「YInMnブルー」と名付けたそうです。

赤と緑の波長が完全に吸収され、青の波長だけを反射する

特殊構造の化合物なので、新色は非常にくっきりした青だそうです。

極めて安定した化合物で、色褪せや、毒性もないそうです。

この特性から、修復作業に使えるとか、

紫外線をはじくため、建物内を涼しく保つ省エネ対策にと関心を寄せる企業もある。

とか記事には書いてありました。

新しい青。

そんなに違いがでるものなのでしょうかね。

デザイン仕事の端くれの私が言うのもなんですが、

気になったのは、修復作業に過去に無い色が使えるとも思えないのですが。

逆に修復作業に使えるならば、すでにあった色と言う事ですもの。

広告を非表示にする