暴走あずわんこ(甘そば。感想3話)

毎月恒例の 甘えたい日はそばにいて。

略して 「甘そば。」(公式の略称です)3話の感想です

画像の娘は八柳(やなぎ)あずきちゃん 

山吹楓くん(3話にしてやっと名字判明)の幼なじみ

見りゃあ分かりますが 

おもいっきりけいおんの後輩の娘でございます 

しかも あっちは猫ですが(あずにゃん) 

こっちは犬だった においとか言っているし 

それである程度心理状態(雰囲気?)を判別できる様だ

(ある意味超能力だと思う) 

楓くんに対しては堂々すぎるくらい「大好き」と言いきる

(このテのキャラとしては割と珍しい気もする)

基本今回は彼女の暴走に終止しています 

まぁ メインヒロインであるひなげしさんが「闇」を抱えている為かどうしても雰囲気が少し暗めに成りがちだったので こういう明るい振り回し系キャラはメリハリにはいいんじゃないかと思う 

ただ 想いがまだ「お子ちゃま」の域から抜けていない気はする まだ「愛しあう」という感覚は想定すらしていないと思う(いわゆる○○Xとか) 

気になったのは ひなげしさんが既に某ギャルゲの女性の楓さんの雰囲気になり始めていることでしょうか

(空鍋と言えば分かる人がいると思う) 

まだ暫く後の事になるんだろうけど 

以前あった出来事が知りたい 

漫画なのでそこまで深刻な感じでは設定されていないのかもしれないが 現実では前回にあった様な吐土が出る偏見はまだしも 法律にまでなってしまうというのは

余程の事である  

暴走して多数の死人でも出てしまったのだろうか 

気になるところです 

とりあえず 楓くん せっかくひなげしさんが居るんだから もっと飯を食べましょう 

背丈はもう手遅れかもしれないが 

多分3月のライオンのあかりさんとかが彼を見掛けたら

ほっとけないと連れ帰ってしまう気がしました

そして心配したひなげしさんと匂いを嗅ぎ付けたあずきちゃんが 

「楓(さん)がご迷惑おかけしました」とやってくると

由姫