立場と能力と責任感

父が資格厨じゃなかったらこれくらいのハンパ知識すらなかったんだろうなー、、だが父が資格厨じゃなかったとしたらより危機感持って勉強して、もっと強く知識を持っていたかもしれない。

立場より資格だなと本当に実感する。

立場なんて人付き合いや年功序列で手に入るケースも多いから・・・だから能力に合わない立場に立つ人が多すぎる、と国会議員が叩かれてるわけだよなぁ

立場で能力や責任感は測れないのは就職した時から学んでたはずなんだがあいからわずボイスレコーダー持ち歩いてないし、

それが自分の過失に思えるから強く相手を避難の目に晒せてないのもわかってる。

口頭だけで契約が成立するのも知ってる。

ただ、知らばっくれた場合に対処できないから口頭契約は危険、てだけなんだよな。←・・・本で読んで印象深かった情報。

そこで互いに知らばっくれた際に下の立場が押し負けるんだ。

人生で2度そういった経験をして、それで今回50万先払いが発生しようとしている。

出産一時金があとからしか出なくなるから。とうに妊娠証明書出してたんだが担当者がFPですら無かった表れだな・・・

やっぱりまだ簡単に人を信じて頼る傾向が抜けない。

所詮他人で、会社が社員を守るよう国がわざわざ法を敷くくらいに下の立場ばかりが守られなきゃならないくらい弱い。

這い上がるために資格がある・・・

資格厨であることはある意味世渡り術として非常に理にかなっている。。。

弱い立場になって初めて分かることだからこそ、弱い立場になったことない人間は頼りにならない。

父が弱い立場になったことあるかと言われたら

・・・あれ?ねーわこの人。。。。

単に他者からの評価より自己評価が低いだけだったわ!

そんな賢い人間に結局甘えなければならない己の力量を測り違えた結果に、正直よく子どもが能天気に健康にここまで成長したなと思うわ。ストレスとか無縁かよコイツ。

父親に似て夢見のお嬢さんだねこれは。生まれ出たら母が現実を早くから教えてやるよ。。。今の世は真面目に歩むより賢く歩むべきだとな。。。