読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

采配

 長年プロ野球観戦をしていると、なんとなく定石通りの采配というものが理解できるようになってきます。そうした采配を離れて、結果が出ないと監督が周囲から叩かれるなんて言うことも良くありますね。逆に奇策にが当たって、良い結果が出ると「すばらしいサイハイだった」と評されるでしょう。結果論と言ってしまえばそれまでですが、チームが勝つにはやっぱり戦力が充実していることが大切で、采配に因って勝つなんてことはシーズンにそう何度もあるわけではないと思います。しかしながら、先日の巨人‐広島戦では緒方監督の采配の妙を見せてもらうことができました。

 3‐3の同点で迎えた6回の裏、巨人の大竹投手が、先頭の鈴木誠也に対して四球、続くバッターはあたりが戻ってきて、その日2安打1打点の松山選手です。大竹投手は右投げ、松山選手は左打で右投手には相性も良いので、ここで高橋監督はルーキーの左腕・池田投手に交代します。左投手に相性の良くない松山選手ですが、当日2安打しており、試合は中盤ですから、代打を出すには早いタイミングだと、私は思っていました。高橋監督も代打はないと思っていたのでしょう。しかも、続く松山選手に続いて、安部選手、西川選手も左打ですから池田投手に交代は定石通りのように思えます。しかしながら、緒方監督は松山選手に代打を送ります。右打ちの強打者・エルドレッド選手がコールされますが、ルーキーの池田にしてみれば「そりゃねえだろ」って感じだったのではないかと思います。エルドレッドがヒットで出塁して無死一二塁、続く左の安部は送りバントです。一死二三塁となって西川選手にも代打を送りまる。それが新井選手ですから、ピッチャーとしてはたまったものではないでしょう。新井選手には四球、続く曾澤選手が2点タ

イムリーを放ち、さらに福井投手の打順にまた代打で右打ちの堂林選手を送ります。この堂林選手が犠牲フライを放ち一挙に3点勝ち越しました。

 勝負事ですから、監督の采配なんて言うのは「いかに相手の嫌がることをやるのか」ということに尽きると思います。もちろん、選手のモチベーション等も考えなければならないので、2安打の松山選手に代打を送るなんて言うのは良策とはいえない面もありますが、代わりに出るのがエルドレッド選手であれば溜飲も下がるでしょう。ルーキー投手にはちょっと荷が重いと思われる場面を采配で作り出したように思えました。巨人も粘ってさらに広範もつれましたが、左打者で残った安部選手が8回にタイムリーを放ったわけですから、緒方監督からすればしてやったりの試合だったでしょう。

 しかしながら、緒方監督は勝てば選手をたたえ、負ければ自分の采配が悪いとコメントしてくれる謙虚な方です。してやったりと心のどこかで思っていても、自分で言うことは無いでしょうから、私が代わりに称えたいと思います。代打にエルドレッド選手、新井選手がいるという戦力あってこその采配だというツッコミは無視します。