読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CD蒐集 意欲減退?

あらかた揃ってしまい、聴きなおしで

手間取っているほどにっ。 400枚

ではエントリーレヴェルにも届いては

いないが、軽く1200曲を越えてい

て、全てを覚える事は、もう無理。

今回、手配しているサティみたく、初

ってのは沢山あるので、手軽な値段で

なら購入していきたいが、ガツガツに

はなれそうにない。

低音再生の検討、でかい中低音ホーン

の導入に手間取っていて、一皮剥けた

音響で、蒐集を進めていきたいのがあ

り、録音された音響を十分には引き出

せない現状では、躊躇いもある。

45と2A3Bでは2A3Bで感じら

れる楽器の間の空間が45でははっき

りしない。 45のヒーターに接続し

パスコンが音像を損じているのかど

うか、確かめんきゃならない。 消費

電力が半分で夜間なら45でも十分な

ので、パスコンを外して音場が蘇るな

ら望外のこと。

リーゾナブルな価格で入手できそうな

100L箱がみつかったので、先ずは

ここからだろうかっ。

モーツアルト耳獲得では大きな変化を

経験することになった。 バッハ耳、

マーラー耳に数倍する情報を処理可能

になっているのだ。 翻って、バッハ

耳、マーラー耳の獲得無しでどうだっ

たのかはわからない。 3つが揃って

今があるのだ。楽想の急変を柔軟に追

随するマーラー耳、リズムとアンサン

ブルの遊び心を愛でるバッハ耳、メロ

ディの遊びを愛でるモーツアルト耳か。

フルヴェン、Cクライバーを持ち上げ

る耳は持ち合わせがない。 ショルテ

ィ シカゴの雑すぎるアンサンブルは

耐え難いのが今の自分でもある。

腑抜けの小沢でフォーレが堪能出来る

のは、3耳があってで、WAMのPC

を掻き集めるまでは、拒絶していたし

ザビーネもそうだ。 手持ちを聴きな

おしで何枚のCDが愛聴盤になるのか、

楽しみだっ…