読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブでやる曲

俺は会社の上司達の組んでるバンドに助っ人で頼まれて、毎年7月下旬頃にある祭でライブをやってる。

何回も言ってしまい申し訳ないのだが、俺は正式メンバーでは無く『助っ人』でライブをやっている事を重々ご承知願いたい(色んな意味で)

早速(今回助っ人するとも言ってないのに)今年のライブで演奏する予定の曲を渡されたのだが、その中の一曲にmiwaというアーティストの『again×again』という曲があった。

恥ずかしながら俺は最近の音楽事情に物凄く疎く、miwaというアーティストをそこで初めて知ったのだが、俺はその『again×again』という曲を聞き衝撃を受けてしまった

正直、歌詞や歌メロは普通に良いと思ったのだが、バックの全楽器の演奏が、俺のグレッチ心を沸き立たせるドストライクに良いメロディ&リズムなのである。

まさに俺のハートを射止める為に作られたのではないか?と思えるほど俺のタイプのメロディなのだが、これは人の好みもあり、どういう印象を受けるのかは人それぞれ「人は人俺は俺」である。

実際にこれを聞いて涙を流しそうになった(実話)のだが……ここで1つ大きな問題がある

この『again×again』という曲、全楽器パートだいぶ高度な演奏テクが必要とされてるように聞こえるのだが、この曲をやると言い出した人達…

『果たして、あの人達はちゃんと演奏出来るのであろうか?』

もしライブでバシッと決まったら恐らく俺は感動で涙を流してしまうかもしれない

しかし、いくら頑張ってライブ時を思い描いても『違う涙』を流してる姿の俺しか想像出来ないのである…

『テレ〜テレ〜「ペピッ」……テレレ〜テレレ〜「ポピンッ」……テレ〜テレレ〜「パミョ〜ン」……』

今回は周りの人に先に言っておこうかと思う

「俺達のライブの曲はカバー曲だけど、演奏は全部自分達で考えたオリジナルなのさ

だからギターの『ペピッ』や『ポピン』や『パミョ〜ン』は失敗してるのではなく、わざとなんだぜ」