読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「花筏」はないかだ

『残る桜、散る桜』

水面に桜の花びらが舞い散って、

筏(いかだ)のように流れて

いく・・・・

そんな様子を花筏といいます。

美しい春の風景ですね。

咲いている花を愛でることは

誰でもしますが、

散る花、散った花を愛でる人

は少ないかもしれません。

桜吹雪、花の雨、飛花(ひか)、

そして葉桜・・・・。

その時々の桜を、人々は言葉に

写して、愛してきました。

どんな姿になろうと、桜である

ことには変わりはないのです。

〜散る桜、残る桜も 散る桜〜

良寛和尚の辞世の句のひとつです。

そう、みんな桜。咲こうとも

散ろうとも、愛すべき桜です。