読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危機管理能力

雪崩事故について夫と話していたときに、あんな天候での訓練なんて人災ではないかと私が言ったら旦那に「でもママも雨の日でもバイクの練習に行くよね?雨の日だから出来る練習もあるからって。大会とかでも無いなら普通の人はリスク高くなる雨の日に練習には行かないでしょ?今回の事故と発想は同じでしょ?」と言われ、そうか、そうだよねぇ。と思った。

違うのは決定権が誰にあるかと言う事。

私のバイク練習は大人の自分が自分の責任で考えて決めたこと。なので怪我や死亡したとしても仕方の無いこと。

今回の事故は高校生が先生の決定に従って亡くなってしまった。それが切ない。

危機管理をどのレベルに持っていくのかはとても難しいと思うが、元気に親元に返すことが最低限で最大なレベルだと思う。

息子のスキーのお土産を受け取り、スキーの話を聞きながら、亡くなった高校生の親達も当たり前の様にお土産話を聞けると思っていたのだろうなと悲しくなりました。