クソ・スピ

以前、日記に書いた『トラークルのフジワラさん』の一件である。

https://www.facebook.com/kou.fujiwara?lst=100001453533488%3A100003184320362%3A1490638169

そもそも実家に帰省しているのだから気楽にノンビリと猫でも愛でながら過ごすか、と思っていたのだが親友から

「否!そう言うアホなスピリチュアル系の巻き込まれて演奏するのがKO.DO.NAさんでしょ!?嫌々ながら下らない事に巻き込まれてナンボじゃないのか!」

と説論されたので「それもそうだな」と思い、致し方がなく姉とのディオを引き受けた。

姉とのデュオは譜面もシッカリしてないし、姉も要望が殆どないので此方でスケールだけで吹くことに。

「どう?」

「えーんやないん?」」

と言う程度。2回ほど音を合わせたが、1回目は姉が数時間も来なくて激憤して1回だけ音合わせ。

私と姉の共通事項に『時間どおりに動けない』と言うのがある。私は此れでも何とかなっている方だが、姉は帰省や移動の際に新幹線を予約したことがない。

何故なら『予約した時間に家を出る』からである。

新幹線にも予約で割引等があるのだが其れが出来ない為、満額払っている。

北九州市に帰ってきて車生活になったが、其れで改善されたか?と言えば駄目なモノは駄目で、時間通りに動けない。

グリニッジ標準じゃなくて『日時計』とか『体内時計』なのか?と思うのだが、そうでもないらしい。

で、2回目は音を探りながら、リズムも曖昧だし、スケールはCの完全5度。だが、Cメジャーでやるのも芸がないので「うーん」と思案しながら吹いていると甥がオイオイと泣き始めるので練習にはならなかった(演奏中は無視されるので、其れが悲しいらしい)。

で、当日。

『トラークルのフジワラさん』は20人で来ると言う。

ライブ会場の老人介護施設利用者はスタッフも含めて20人。

20人vs20人

最近は少なくなったかもしれないが、かつてはフリージャズのライブで「演奏者が一人、観客が一人」と言う状態が珍しくなかった。

分母と分子の数が違うだけで「演奏者が一人、観客が一人」と大差がない。

流石にオーガナイザーである姉が「会場も広くはないし、20人は受け入れにくい」と言ったらしいのだが、「20人は譲れない」と言う。

と言うか、老人介護施設で20人のライブってなんやねん。

一般的に『20人規模の音楽形式』は

?P-FUNK

?JB`s

?SKA

?渋さ知らズ

?東京スカ・パラダイス・オーケストラ

?サンバ

?ワーグナー交響曲

?フェラ・クティ『Fela Anikulapo Kuti and the Egypt 80』

?アフロ・ビート

である。?〜?のうち、5個が『黒人音楽』である。サンバも黒人音楽とも言えるから6個とも言える。

『スピリチュアル系』

は該当しない。

大抵、スピ系って頭がおかしい奴が多いから集団化が難しいのもあるのかもしれないが。

対人関係が苦手な奴がスピに走るしな。

だが、トラークルのフジワラのオッサンは「20人」を譲らない。

で、演奏時間を1時間と言う。

聴くと、トラークルのフジワラのオッサンは音楽をやり始めて多く見積もっても4年で、基本的に1〜2年である。

通常だと、そう言う人はライブハウス5バンド位の滅茶苦茶なブッキングでセッティング時間込で40分とかである(30分の処もある)。

どんだけ大御所やねん、と。

ってか、スピ系は図々しい。アムウェイとか創価学会が『甘っちょろい』と思えるほど図々しい。

で、会場へ。

会場って俺が一時期、働いていた老人介護施設である(母が経営者)。前日に簡易PAと姉の電子ピアノを持ち込んでセッティングしたのだが、姉は姉なりに(私の姉である位なので)狂っていて、持ち込んで音を出して音質等をセッティングしたのに片づける。

意味ねー!

昼の13:30に来い、と言うので行くと介護施設の駐車場が311の津波で流された車のような滅茶苦茶な状態になっている。

ワゴンとかバスで来るのか?と思っていたらセダンやクーペで来たので20×5台である。

介護施設なので職員の車や介護用の車があるので酷い有様である。

姉に

「車はどうすりゃ良いんだよ」

と言うと、既に姉がパニック状態になっており(キャパシティーをオーバーしている)道交法的には違法な場所へ駐車と言うか停車。

もう、老人介護施設が何と言うか新興宗教のお祭りみたいになっている。

あとで知ったのだが『トラークル』はフジワラのオッサンのソロではなく『トラークル軍団』とでも言える集団らしい。

で、メンバーの女性数名が大分県杵築市から『身体に良いモノ』と漬物だとか、握り飯だとか、意味不明な飯を売ってくるらしい。

で、それが不味いらしい。

大分県杵築市から小倉南区まで高速道路を多用しても2時間である。

つまり

『インディーズ宗教』

と言うか。

まー、大分県杵築市なんてクソ田舎だから娯楽なんてSEXと交換日記くらいしかない。そりゃクソみてぇなインディーズ宗教にでも入るか、となるだろうか。

で、昨日と同じセッティングにする為にPAとピアノを動かすのだが姉が前日と違う場所でやる、と言う。

だったら昨日、音出しをした意味がねーだろ。

しかもスピーカーを床に置く、と言う。

だったらスピーカー2発も用意した意味がねーだろ。

この時点で既に私はキレ気味。何しろ学生時代、PAだとかスタジオ技術を学んでいたのである。

トラークル軍団は既にステージを占拠している。仕方がないので姉が言う場所でやる事に(面倒臭くなった)。

ところが姉のピアノのシールドが断線している。

「誰かに借りてきて」

と言うが姉がパニック状態になっているのでシールド一本に10分くらい掛かっている。

「トラークルのフジワラのオッサンに借りろよ。あいつ、ギターだろ」

と言うがフジワラのオッサンは駄目だったみたい。

で、セッティングが終わって姉が「音を合わせよう」と言う。既にステージが始まっているのに、だよ。しかも簡易とは言え24kgのPAとピアノを持ち込んで、演奏する曲は1曲だけ。

合わせる意味がないだろ。

と言う事で無理矢理、始めた。

実は風邪が治ってなくて辛かったのだが、何とか無理矢理な感じで吹いた。

しかし、姉がMCで言っているように『レクイエム』なのである。『鎮魂歌』である。

老い先短い老人相手に『鎮魂歌』って、ちょっと気が早いんじゃないか?。施設の回転率を上げたいのか?

「さっさと死んでくれ」

と言っているようなモンじゃなかよ。

次はいよいよ『トラークルのフジワラのオッサン達』である。

総勢20名のBBAからガキまで連れてきている。

因みにトラークルのフジワラのオッサンはFACEBOOKでは

----------------------------------------------------------------------------

musicで表現するのは、“ベールの向こう側の響き”です。

特に光の子どもたちはその音を知っています!

音の導き手は、富士原です。

ベールの向こう側から届いた響きを、

ギターサウンドで表現してみせます。

ハートから飛び出て来る、オリジナルの響きです。

musicでハートの点火を試みて行きます。

内的体験の素晴らしさを思い出す事が大切です。

内的フィーリングの重要性を認識することも大切です。

そのハートの響きを取り還す人々が増えると世界が変わっていきます。

また巷では、商業的志向なmusicが溢れています。

人々を陶酔させるようなコードを密かにふくませています。

その音は、自分のハートの響きとは繋がりません。

ハイヤーセルフと巧みに切り離します。

大人は、子どもたちのそのような誘惑のコードをミカエルの剣で断ち切ってやることも必要です!

(そのまま引用)

----------------------------------------------------------------------------

と言っているが『誘惑のコード』は基本的に

Cメジャー

Gメジャー

Aマイナー

Em

Em7(弦を押さえてない)

だけである。「あの、それって誘惑のコードじゃないんですか?」と思うのだが、本人は「ミカエルの剣で断ち切って」いる音らしい。

中耳炎が悪化して大脳新皮質の8割が失われてんのか?。

「いやー、事前に知っていたとは言え可也、聴覚が辛い音だなぁ・・・」

と思う。何しろ『和音楽器』がフジワラのオッサンだけで、あとはシンバルとかカホンとかを『叩いている』と言うよりは『鳴らしている』だけ。で、カホンはフジワラのオッサンのガキがやってんだが、殆ど聞こえない。

6弦をミュートしたいんだろうが、ミュート出来てなくて「ペッケン!ペッケン!」と意味不明な音が入る。リズムは全曲、ズレている。

で、唖然としながら聞いていたらオバサンが

「春の歌を歌います」

とカンテレを弾き始めた(本人は『琴』と言っていたが)。すると、おもむろにオバサン達が20世紀初頭のノイエ・タンツの出来損ないのような踊りをし始めて目の前が真っ白になった。

で、太鼓とか叩いているんだけど我流以前の問題なので音が出てなかったりする。笛も聴こえてるのか、どうなのか。

動画では「ブー」とドローンが流れているが、此れはフジワラのオッサン達がボーカル用のアンプを『ギターアンプ』でやっている為、終始、ハウリングしているのである。

この連中はgoogleで『ボーカル用 マイク』とか『ボーカル アンプ』とか検索してないんだろうか。

googleじゃなくてyahoo!でもBIGLOBEでも良いんだけど、ハウリングを狙っているワケではなく、『ハウリング』しているだけ。

流石に愕然とした。

で、最後の二曲は友人の強い押しにより参加した。

キーはGとかEとかなので簡単だが、本人曰く「天上の響きを出すために私たちは445hzで演奏しています」と言う。

だが、A=415、392、440、466だろうと、445hzだろうと、フジワラのオッサンのギターが基礎的、初歩的、根本的にミスっているので「A=303hz」でも問題ない気がする。

吹いていると、リーダー格なのかオバサンが矢張り、戦前のノイエ・タンツの出来損ないのような踊りを踊り狂う。

もう、怖くて、キモくて仕方がない。

この『トラークルのフジワラ』は元々、登下校に使っていた駅の近くにあったアロマ・ショップと美容院の人だったんだよな。

90年代って混沌としていて、サイケデリックやデジタル・デバイス、スピリチュアル系とかテクノとかごちゃ混ぜだった。

『トラークル』はそう言う店だった。だから、17歳の頃に見つけて通い始めた頃は美容師としての腕前ではなく人柄とか、店の雰囲気が好きだった。

フジワラのオッサンも、「お洒落なお兄さん」と言う感じだったのだが、23年の月日が流れてスッカリ

キモくなった。

もう、滅茶苦茶にキモい。嘗ては私に『サイケデリック・ロック』を教えてくれた人物なのだが(ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を教えて貰った)、こうも変わるか・・・と。

因みに美容師としての腕前は現在のギターと同じで『初歩的』『基礎的』『根本的』な部分でミスがあり、毎回、滅茶苦茶な髪型にされていた。当時、私が滅茶苦茶な髪型をしていたのもあるが(スパイギーヘア、スキンヘッド、丸坊主に絵を描く、マッシュルーム・カット)私と同様、好んで通っていた姉はもっと悲惨だった。

アロマの店は開店して暫くして火事で丸焼け。火災保険に入ってなかったので『まる損』である。

全てに置いて『初歩的』『基礎的』『根本的』な部分で間違えている人だった。

だが、店の雰囲気とか人柄で月2回も通っていたのだが、私の事は忘れていたらしい。

「あー、なんかリエさんに弟さんがいたのは・・・覚えて・・・・・・・・・」

と言う状態。

会場(老人介護施設)に到着して急いでセッティングしていたら

「あーーー!!覚えちょる?(are you remember?)覚えちょる?(are you remember?)覚えちょる?(are you remember?)覚えちょる?(are you remember?)覚えちょる?(are you remember?)」

と『さも、忘れたことがない』ような素振りで話しかけてきたので何だかカチンと来た。テメーのクソ美容院に幾ら出したと思ってんだよ。

トラークルのフジワラのオッサン軍団が演奏する前に

「今回はですね、なんと!20年ぶりに弟さんとも再会でしてですね!」

と言うので

「あのですね。この人、今日の今日まで忘れてたんですよ。俺のこと」

と言った。

セッティングにバタバタしている、と言うのに「あ、あ、あ、あああ、あ、もうちょっと話そうよ!」と言ってくる。

俺が暇そうにバタバタしていると思ってんのかよ。

で、終わって。

「東京でなんしよーん??(東京で何をしているのですか?)」

と言ってくる。此れは帰省すると良く言われる質問である。一体、何と答えれば良いんだ。

?「亀を飼育しています」

?「殺害予告を受け取ったりしています」

?「刑事告訴されそうになったりしています」

?「主に寝ています」

?「グラインドコアをやっています」(スピ系は音楽に疎いので『〜コア』と言っても通じない事が多い)

?「PCにWindowsXPLinuxデュアルブートしています」

?「統合失調症の女性から呪詛を受け取りました」

?「下方倍音列を調べたりしてます」(スピ系は音楽に疎いので音楽理論的な事を言っても通じない)

?「デンマーク人と温泉宿で録音して2人でみ過ぎて嘔吐してます」

?「下駄で歩いていたら『九州男児、此処にあり!って感じですね』と言われてリアクションに困っています」

?「『グズの本懐』と言うアニメを見ています」

?「BL漫画を集めています」

?「お前みたいな奴等を殺したいと思っています」

?「楽器の練習ばかりしています」

とか言えば良いのか?。

この事を母に話すと

「会話の糸口が欲しいんだと思う」

と言う。

「でも、『東京で何をしているのか?』って答えようがないだろ。だったら『森友学園について、どう思う?』とか『国会の証人喚問について』とかの方がさぁ。『いやー、野党がもっと突っ込んで欲しかったね!』とか色々と話題になるだろよ。」

「東京でなんしよーん?」

に対して

「はぁ・・・色々・・・ですね」

と答えようがない。

「音楽しよるんね?(西洋音楽を実践と応用しているのですか?」

「ええ。音楽ですね」

「お金、貰いよるんね?(その行為により経済活動は行われているのですか?)」

「まぁ・・・貰えるときは貰いますが」

「ほぉー。有名な人とかとヤリよーんね?(全国的に知名度がある方々と音楽をやっているのですか?」

この質問がカッチーン!と来た。

なんだよ?『有名な人とか』って。俺にすりゃ『向井千恵さん』とか、『橋本孝之さん』とか『Necromist』とか『キヤス君』とか『小堺文雄さん』とか『裸のラリーズ』は

超→有名人

だぞ。

でも、こいつ等の事だよ。「有名人」は

?黒柳徹子

?安倍首相

?平成天皇

?細野晴臣(スピ系の教祖)

?アグネス・チャン

?タモリ

?ポール・マッカートニー

?菊池直子(元オウム真理教/走る爆弾娘)

?工藤静香

?中森明菜

だろーよ。

だから、模範解答は

「いやー、森友学園の校歌を安倍首相の奥さんから『主人が是非とも、と申しております』って言われてですね〜。で、歌はアグネス・チャンにお願いしたんですが本人も喉が老いたって事で工藤静香中森明菜のツイン・ボーカルになったんですよ。で、作詞は黒柳徹子さんにお願いしましてですね。ギターはポール・マッカートニーさんが『やりましょう!』って言うのでお願いしまして、ベースは細野さんがですね・・・。バック・バンドのトランペットをタモリさんがやるって言って聞かないんですよ〜。歌詞の内容は『菊池直子』についてなんですけどね。で、リリースされたら平成天皇の前で歌うって事で緊張してまーす!」

である。

「・・・有名人・・・何をもって『有名人』って言うんですかねぇ?」

と怒りを込めて言うと

「あ、あ、あ、あ、そ・・・そうやね・・・」

と言って消えた。

あと、凄く気になったのは上記の通り嘗ては「お洒落なお兄さん」だったのだが、年齢も50代だろう。

で、何故か矢鱈と近づくんだよな。30cmくらい顔を近づけてくる。で、

口が桁外れに臭い。

私はヘヴィー・スモーカーなのだが、ヘヴィー・スモーカーの私が「臭いな」と思う位だから、やっぱり臭いんだろうな。

スピ系なので煙草は吸わない。身体に良いモノしか食べてないし、飲んでない。

だが、臭い。

私の叔父が50代なのだが、やはり臭いんだよな。煙草は吸ってないし、嫁の料理を食っているし、昼は介護職なので栄養士が考えた料理。

多分、人間の身体は『身体に良いモノ』だけじゃダメなんだろうな。

?食品添加物

?O-157

?偽造肉

?コカ・コーラ

?煙草

?安い酒(ブラック・ニッカとか)

?缶コーヒー

?砂糖を大量に入れたインスタント・コーヒー

?ライブハウスやクラブで提供される出処が怪しい酒

?密造酒

?安い煙草(エコーやわかば等)

?光化学スモッグ

?コンビニ弁当

?インスタント・ラーメン

?矢鱈と安い値段で売っている餃子

?マクドナルド(サイド・メニューはポテトとコーラ)

等を定期的に摂取した方が良いのではないだろうか。

しっかし、『嘗てはお洒落なお兄さん』が20数年後には『臭くて、キモいオッサン』になるんだから時間は残酷だ。

ってか、スピ系は矢張り死ねば良いと思う。

ディープ・エコロジー理論で言えば世界人口は1/3になるべきなんだから、真っ先に死ね、と思う。

時折、砂浜に打ち上げられるクジラとかイルカと共に死ね。

-----------------------------------------------

と思っていたらトラークルのフジワラのオッサンがFACEBOOKに当日の事を書いていた。

『今日は、銀河新年になり久しぶりの Knep music - ネップ・ミュージック の Live!

北九州市小倉南区の老人医療施設にて。

あるじのリエちゃんもミュージシャン。

その弟さんと、わたくし20年振りの再会を果たし、

トランペットでのコラボもあり、非常に楽しく終了しました。

ボロン のリエちゃんのお父さんの命日でもあり、

今日の日を指定されました。

わたしたちの弔いの曲『青い虹』もプレゼントして、

磁場を調整して、最新の光へ繋ぎました。

今回は、聖なる四大元素を真琴や舞い、

子どもたちの笛なども交えて表現して、

喜びを間配りました。

各自のオリジナルの光の表現は個性があり、

本当に素晴らしかったです。

リエちゃん兄弟からは、楽曲『永遠の海』を披露、

わたし達からも楽曲、『エタニティ=永遠』を披露して、

弥勒新年の新しい光の定着を試みました。

Knep musicの音は、確実に光の子ども達に受け継がれて行っています。

ギターでは、海斗君、Voiceでは、紫生ちゃん、笛では冬芽君、 パーカッションでは、ちっち。と、バラエティにとんできました。 コニティもギターデビュー。』

-----------------------------------------------

何が

『その弟さんと、わたくし20年振りの再会を果たし』

『喜びを間配りました。』

だよ。

老人達は不機嫌そうな顔だし、2人は「気分が悪い」と言って帰ってたぞ。

ってか、スピ系でも『東京』と言うイコンに対して「有名人と〜」となるのか、と思った。

ってか『有名人』って誰だよ、って言う話なんだが。

広告を非表示にする