読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかが世界の終わり

「たかが世界の終わり」 ヒューマントラストシネマ有楽町

12年ぶりに帰郷した劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)を、家族である母(ナタリー・バイ)、兄(ヴァンサン・カッセル)、妹(レア・セドゥ)が迎えた。兄嫁(マリオン・コティヤール)とは初対面で、妹は幼かった頃に別れたままだった。ルイは自分がもうすぐ死ぬことを伝えにきたのだが、家族の会話は、ひたすら続き、告白するタイミングが、みつからない。ピリピリとした家族の態度に、ルイは苦悩や葛藤を抱えながらも、過去の思い出が去来する。

温かな家族の話というよりは、バラバラで勝手な会話が続いていきます。特に兄は神経質で怖いくらいで、感情のコントロールができていないのです。妻にもきついことを言ってばかりいます。

何かを感じとって、不幸を避けようとしているのかもしれないですが、あまり説明がないので、よくわからなかったです。どうして12年前に出て行ったきりだったのかもハッキリとはわかりません。いろいろと想像はできます。そして、話は予想とは違う方向へ展開していくのです。おそらく見ている人が期待するのとは違っていると思います。

音楽の使い方と映像の組み合わせのセンスが抜群で、芸術的でした。特に冒頭の飛行機や空港のシーン、タクシーに乗って家に向かう道中の素敵な映像と音楽は、見る価値ありです。

豪華出演者ばかりの家族がすごいですね。グザヴィエ・ドラン監督だったら、是非出演したいという俳優たちが集まるのだと思います。

設定としてはフランソワ・オゾン監督の「ぼくを葬る」を思い出したのですが、雰囲気は全く違う作品でした。

★★★★☆ 3-